MENU

ダイエットしたら胸小さくなるよね?ならない人ってどうしてるの?

 

 

だいたい、どうしてダイエットすると胸小さくなるのでしょうか。

 

順番も胸が一番最初で、気になるポッコリお腹やぶよぶよした足なんかはそのあとです。

 

ダイエットしていても、痩せ始めの1、2キロ落ちたかなって頃はお腹はそのままで、胸小さくなるなんて、、と続けるのが嫌になります。

 

 

 

そうならない人っているのでしょうか。

 

いるなら、どうしているのでしょうか。

 

 

 

そもそも胸なんて脂肪のかたまりです。

 

体重落とすときにこの脂肪分が落ちない方が不自然なのかもしれません。。

 

でも、どうにかして痩せたい、胸はそのまま残したい、と希望を持って色々調べてみました。

 

 

 

すると、胸をキープしたままダイエットに成功した人の体験談が載っているのを見つけました。

 

それによると、まず、バストアップマッサージやストレッチをすること。

 

これで、大胸筋が鍛えられバストが垂れるのを防ぎつつ、血行が良くなりバストに栄養素がきちんと送られるというのです。

 

 

 

そして、胸をできるだけ揺らさない方がいいので、激しい運動は控えるか、もし、するならきちっと胸をスポーツブラなどで固定すること。

 

でないと、胸の形をキープしている「クーパー靱帯」が切れてしまい、胸が垂れたり、形が崩れるのです。

 

 

 

また、意外なことに日常の食事も胸をキープするのに大変重要です。

 

胸は脂肪なのですから、ダイエット中であっても、その素となっているお肉やお魚などでたんぱく質を摂る必要があります。

 

キャベツや大豆も女性ホルモンにとても効果的な働きをする食品だそうです。

 

 

 

最後に常に姿勢を良くしているだけでも、猫背の人に比べると、胸の形も大きさもよく見えるそうです。

 

 

 

これらを実践して、胸を残したままダイエットに成功した人がいるというのですから驚きです。

 

思ったより難しいことでもないんだな、って印象を受けました。

 

私も、その女性を見習って、これからバスト残しダイエット、頑張ってみます!

 

トップページ

このページの先頭へ